社会人になっても学生であった頃と変わらずに勉強に励む方は少なくないでしょう。
組織の中で貴重な人材として多くの人達から高い評価を得たいという欲求があるからこそ、勉強に本腰を入れることができるのだと考えられるのです。
IT業界に勤めるエンジニアにおいてもそうした考えは仕事をしていく上では大切な要素となり、仕事で必要となる問題解決法や業務の効率化などのノウハウを自分の力として取り入れていくことが、エンジニアとしての真価を形作るものになるのではないでしょうか。
人が社会人として社会貢献へとつながる勉強をすることが定められていると言っても不思議なことではないのであり、自分のような優秀なエンジニアが居てこそ初めて大きなプロジェクトが進められるという称賛を浴びることを夢見ているからこそ、勉強に賭ける想いというのは飛躍していくのだと思うのです。

IT企業において、自分の周りに優秀な人材が居る影響で、自分もまたみんなから認められるようなエンジニアを目指そうという意識喚起を促そうとすることがあるでしょう。有能なエンジニアとしての立ち位置を獲得するために、ITに関わる勉強をいとわずに取り組んでいき、その勉強をしている過程において、いつの日かきっとみんなを引っ張るくらいのエンジニアになれるはずなのだという期待を膨らませていることがうかがえてきます。勉強を続けることで自分が進化し続けていく喜びを享受できるからこそ、勉強をすることの意義を途絶えさせないでいくのではないでしょうか。