ITの業界は常に人材不足と呼ばれています。
人材不足と呼ばれている中で、次々と新しい開発をしなくては成らないので、既存のエンジニアたちではいまや足りない状態がつづいています。

この深刻な人材不足の状況を改善しようと、シフト制などによる労働環境の改善や、アルバイトやパート、派遣職員など、非正規雇用職員の導入、ソフトウェアやアプリケーションなどの開発に興味を持つ、若手人材を発掘するためのコンテストの実施、ITに興味を持っている人たちへの人材発掘教育、他職種からのIT関連の仕事のノウハウを持つ社員の引抜など、あらゆる手段で人材確保に努めています。

しかし、その一方で、まだまだ人材不足は解消されてはいませんし、他業種からの引抜によって他業種までが人手不足に陥るといった状況も発生しています。
このような現状を踏まえ、小さなころからITに興味を持ってもらい、IT関連の仕事の人材を育てていこうという試みが行われているのです。
英語でも、どんな習い事でも、大きくなってから始めるよりは小さい時期からはじめたほうが興味も持ちやすいし、覚えやすいという点を利用した、IT業界の人材を育てるための教育です。

海外でもこういった取り組みが注目され、小さい時期からのITに関する人材育成のための教育が行われてきています。
日本では最近始まったばかりですが、こういった早い時期での人材を育てるための教育がどういう結果をもたらすのか注目を浴びています。